松栄堂の芳輪シリーズ「堀川」と「白川」にはまる!

2019年11月01日お香に関すること

2018 年 9 月 26 日に妻を亡くしました。それからほぼ 10 ヶ月後、2019 年 7 月 12 日に父を亡くしました。日常を取り戻すのに結構時間が掛かりましたが、何とか現実を受け入れて、そして仏壇にお線香をあげることが日課となりました。

ちょっと不謹慎かもしれませんが・・・その日常化した「仏壇にお線香をあげること」がきっかけで、自分がお線香の香りが好きなことに気が付きしました。そこで、お線香でも香りの良いものを探すようになったのですが。

我が家は、浄土宗なので「浄土宗総本山知恩院」に利用しているお線香の紹介がないかと確認してみると、なんと「浄土宗総本山知恩院ウェブショップ」というのがあって、その商品の一つに「松栄堂芳輪シリーズ」がリストされていました。

松栄堂芳輪シリーズ:堀川と白川
松栄堂芳輪シリーズ:堀川と白川

ウェブを徘徊していると、松栄堂の芳輪シリーズは、日本の旅館やレストランでも「香り」の良いお香として利用されているようで、多くの方々より好評を得ているようです。どうやら「堀川」と「白川」がメジャーのようなので、両銘柄を購入しました。

堀川:白檀の甘みを強調したまろやかな香りです。
白川:白檀の香りがふわりと広がりすっきりとした残り香です。

上記が、公式ページの解説です。「香り」というのは、文章で説明するのは難しいのですが、正に「甘みを強調した」香りが堀川です。私個人としては、「すっきりとした」香りの白川の方が好みです。

どうやら、お香は、その種類も豊富だし、お香を炊くために香炉やら香皿やといった道具が必要だし、その種類も豊富で、収集するのも楽しいかもしれません・・・日常生活に欠かせなくなったお線香、いわゆるお香は、ちょっとしたマイブームになりつつあります。