香炉の蓋に付着した脂(タール!?)の清掃方法

2019年11月01日お香に関すること

お香は「蓋付き香炉」で楽しんでいるのですが、この香炉の蓋、結構汚れるんです!脂なのかタールなのか・・・べっとりと付着します。

お香は香炉の蓋をしないで楽しむことだってできますが、蓋をして、中から出てくる煙の進路をじっと眺めているだけで楽しめるので、個人的には「蓋付き香炉」が好きなんです。

大発:特選丹花(たんか)
大発:特選丹花(たんか)

ただ、時間の経過と供に、この汚れがちょっと焦げ臭いような匂いを発するようになります。せっかくのお香の香りに混じってしまったりして、結構気になるようになります。この脂、ティッシュで拭いてみたのですが、ろんでもないことに!脂ですから、スッと綺麗になるはずもなく、ベタッとティッシュが蓋にこびり着いてしまって。慌てて中性洗剤(食器洗い等で利用しているもの)で洗い落としましたが、どうもその方法に疑問が。

そこでネットを調べてみました!やっぱりあるんですよね〜公開されている Know-How が!いくつか引用しておきます。

熱めのお湯で洗う。

これだけです。古い歯ブラシなどで少しこすってやりながら水道で熱いお湯を掛けながら磨くか、盥なんかにお湯を張って磨けばOK。


味噌を付けて洗うと良く取れる

という情報を得たので、やってみたところ、なるほどよく取れる気がします。

引用元:「香炉のフタの脂を取る方法。 | angle。」より

熱めのお湯で良いんですね!更に歯ブラシで磨く・・・なるほど!ちょっと味噌を付けるというのは、個人的には避けたいかな。そもそも、味噌を扱った経験が有りませんから。更に・・・

重曹を水に溶かして重曹水(ゆるいペースト)を作ります(体積比でおよそ1:2 [水:重曹])。この重曹水を布などに取って裏蓋を拭います(重曹水で木タールを溶かしながら拭き取るイメージです)。そして最後に軽く水拭きしてください。意外なほど簡単に木タールが除去できると思います。

引用元:「香炉につく黒いヤニ汚れ。正体は木タール|御香堂」より

なるほど!重曹ですか。暑いお湯よりも効果がありそうですが、実際にはどうなんでしょうか。一度、試す必要がありますね。

上記の引用元「香炉につく黒いヤニ汚れ。正体は木タール|御香堂」には、脂の正体に関する記述も有り、とっても参考になります。黒い脂(ヤニ)の正体は、木タールって呼ばれているんですね!どうやら害はないようですから、安心してお香を楽しむことができます。