みのり苑の「薫風(くんぷう)シリーズ きゃら」が抜群の香り

2019年11月01日お香に関すること

自分好みのお香を玄関やリビングで焚くことが日課になってきています。お気に入りは、今のところ「みのり苑」のお線香です。今回、「みのり苑:薫風(くんぷう)シリーズ」を購入しました。

以前、「みのり苑:風韻シリーズ」に関する投稿記事「みのり苑の風韻シリーズの「伽羅」と「白檀」の高貴な香り」で記述しましたが、普段利用にはちょっと高価だな〜と感じています。風韻シリーズは、いわゆるお線香、即ち仏前用と理解していますが、それでもその香りは「お香」としても利用できると信じているのですが・・・

今回購入した「薫風シリーズ」は、みのり苑のウェブサイトでは「室内香」として謳っています。ミニ寸と呼ばれるサイズで、通常のお線香のサイズの半分の約 6cm ほど。燃焼時間は 15 分ほど。

天然木そのものだけを使用した上品な香りが特徴です。「薫風」は「風韻」の香りそのままに、お手軽に、室内香としてお使いいただけるようお作り致しました。どことなく漂ってくるような、素朴でほのかな香りをお楽しみ下さいませ。

引用元:「薫風シリーズ:お香 みのり苑」より

実際に焚いてみると、その香りは正に「風韻伽羅」と何が違うのか分からないほどはっきりとした香りです。個人的に重要視している煙もしっかりと出てくれます。高貴な香り、という表現を個人的には使っていますが、甘過ぎず、何か混じりものがあるようには感じられないそのお香には、本当に魅了されてしまいます。