PLOTTER プエブロ A5サイズを購入して2020年に備える

2019年12月23日文具に関すること

学生の頃から手帳には拘っていて、通常のノート手帳、システムダイアリー、そしてシステム手帳へ。当初は、バイブルサイズのシステム手帳を愛用していましたが、年齢と供にバイブルサイズでは小さく感じるようになって、最終的には 2 年前ほどから「A5 サイズのシステム手帳」に移行し始めていました。

昨年(2018 年)、今年(2019 年)は、ほとんどバイブルサイズを利用しなくなって、A5 サイズ中心へ。最初は「filofax Nappa A5 ジップ」を購入。更に「ASHFORD キュリオ」と 2 冊体制。仕事には、主に「キュリオ」を利用しているのですが、もう少々、気楽に持ち運べる「A5 サイズ」が欲しくなりました!

そこで、3 冊目として「PLOTTER プエブロ A5サイズ」を購入。購入理由は・・・

  • 薄くて(11mm リング)、常時持ち運ぶには程よい重さ
  • 180 度開いてくれるので、普段使いには便利

システム手帳は多少高価でもその価値はある、と勝手に決め込んでいます。色はネイビーを選定しました。黒ばっかりで今回はちょっと気分を変えて・・・と特別な理由もなく選定しましたが、ネイビーもなかなか落ち着いていて良い感じです。革の匂いがホワッとするその満足感は、文章に表現するのが難しいな〜って感じています。

「PLOTTER A5 プエブロ」の特徴を引用しておきましょう。

「プエブロ」は、イタリアの名門タンナー「バダラッシー・カルロ社」が仕上げた、ダイナミックなエイジングが特徴の革です。また、熟練職人が専用の金属タワシで丁寧に擦ることで革の表面を少し起毛させています。使い込むほどに表面の起毛部分が寝ることで平滑性が増しつつ色が濃くなり、革の中にたっぷり含ませたオイルがゆっくりとしみ出てくることでしっとりとした光沢感のある佇まいに変化します。革本来の特徴であるキズやシワ、トラ(牛の首筋などの表面にスジのように入っているシワで希少な縞模様となったものを「トラ」と呼ぶ)などを存分に味わえるよう、自然な表情を活かした仕上がりとなっており、本革ならではの個性をお楽しみいただけます。

引用元:「PLOTTER(プロッター)公式通販|5001 レザーバインダー プエブロ 手帳」より

上記と同時に「PLOTTER リフター」「PLOTTER 本皮リングサポーター」を購入しました。リフターは、ページの巻き込みを防ぐためには必須と決めています。リングサポーターは、以前、店頭で見本を見た時に、薄さのためかリングの跡が表に出てしまっていたので必要かな、と考えて。

「A5 システム手帳」を 3 冊・・・ちょっと馬鹿げていますかね!?でもきっと手帳マニアには、それ以上の方がいらっしゃるはずで、決して異常ではないと考えています。

2020 年、「A5 システム手帳」3 冊体制で望みたいと考えています!

【追記:2019年10月29日】

とっても興味深い投稿記事を見つけたので、引用と供にリンクしておきます。

イタリアンレザーを金属製のタワシによって毛羽立たせることで、使うごとに革の中のオイルがにじみだし、エイジングを一番楽しめるタイプになります。また、加工も最小限にとどめてあるので、革本来の味わいを得たいひとにはおススメです。

引用元:「PLOTTER(プロッター)買う前に!手帳の良さを口コミレビューで確認しよう!│手帳カケル×」より