揚げ物用に繰り返し利用する油は「米油」がベスト

2019年11月20日料理に関すること

自炊するようになってから、「揚げ物」用の冷凍食品を多用するようになりました!トンカツやらフライ、更にはフレンチフライ等々、冷凍食品の味は、本当に素晴らしいということに気が付きました。

単純に油を熱して、冷凍食品を油に入れて、サクッと揚げて・・・ただ、それだけですし、油は繰り返し利用するので、洗い物も少ないので、楽ちんです!って、考えていたのですが、「油を繰り返し利用するなんてナンセンス。毎回、新しい油を利用しなくちゃ!」と娘達から指摘されました。

油、というよりも、毎食「揚げ物」は体には良くないということは理解していましたが、毎回油を新しくするなんて!それこそ、ナンセンスと思ったのですが・・・だったら「健康に良い油って無いものか」とネットを調べて、とっても興味深いウェブサイトを発見しましたので、引用しながら備忘録とします。

油として「オリーブオイル」が良いということは理解していますが、その価格から大量に利用する揚げ物には不向きですよね!そもそも繰り返し利用することって・・・ナンセンスなんでしょうか?

上記の質問に見事に回答してくれているウェブサイトを発見しました!

そもそもなぜ油が健康に悪いと言われるのか。それは油が酸化した時に生成される「過酸化脂質」が動脈硬化やガンの原因になるからです。なので、1)酸化しやすい油、2)既に酸化している油、は健康に悪い油と言えます。

引用元:「サラダ油はガンの元!健康的な揚げ物油の種類4選 | 一人暮らしっく」より

なるほど、通常の油を繰り返し利用すれば、当然ですが「酸化が進む」のですから、良いわけが有りませんよね!納得ですが、それでも私の場合は、油の繰り返し利用はMUSTなんですよね!とにかく、揚げ物が無い世界は考えられませんから。

上記のページでは、以下の油を「繰り返し利用できる油」としてリストしています。

  1. キャノーラ油:繰り返し利用は、3〜4回ほどが限度。
  2. オリーブオイル:高価。発煙温度が高いピュアオリーブオイルを使うこと。
  3. 太白ごま油:香りが少なく、天ぷら店でも利用される「太白ごま油」がベター。
  4. 米油:ビタミンやミネラルなど玄米の栄養素がたっぷり。

上記から、「米油」に興味がありますね!ごま油の匂いはちょっと苦手だし。そこで、近所にあるイオンで早速「米油」を物色に!結局は、選択の余地がなく(1種類しか置いていなかった!)、写真にある米油を購入しました。

ちょっと高かったけど・・・

まだ、実際には「揚げ物」を調理したわけではありませんので、利用後の感想は、いづれ投稿記事としますので。

【追記:2019年11月5日】

米油に関して、実際に利用した実例を写真を掲載しながら説明されている投稿記事を見つけました!特に、揚げ物に繰り返し利用した経験が綴られいます。

(揚げ物で油を繰り返し利用すると油が)真っ黒になっています。悪いのは色だけじゃなくて匂いも酷くなっていて、胸焼けするような悪臭を放っています。こんな真っ黒な油で揚げ物したくないですよね。

油が真っ黒になって悪臭を放つのは、油が酸化(酸敗)するからです。酸化するスピードを遅くすることができれば、それだけ長い期間油を使えますよね。

そんな時に知ったのがこめ油なんです。こめ油の特徴は抗酸化物質であるビタミンEが豊富に含まれていること。そのために酸化しにくいんです。

引用元:「こめ油を激しくオススメします!揚げ油が酸化しないよ | 人生は宇宙だ!」より

早速、週末に試してみようかな。ちなみに、現在利用している油は「キャノーラ油」というもので、上記に示しましたが、3〜4 回の利用が限度のようです。