浄土宗のお線香のあげ方も千差万別!?

お香に関すること

我が家は、親戚を含めて家族一同が「浄土宗」なんです。特に修行をしているとか、お作法に拘っているわけではありませんが、それでも家族の一員が亡くなった時には「浄土宗の作法に従う」のが慣例になっています。

妻が亡くなった時に、告別式に出席できなかったという亡き妻の友人が「お線香だけでもあげさせて」と自宅に訪れて来てくれたのですが、いきなり一本のお線香を真っ二つに折って、更に火をつけた後に、折ったお線香を香炉に寝かせて手をあせせて頂いたんです。

お香
お香

聞いてみれば・・・来客された方の信仰は浄土真宗だそうで、我が家では常識と考えていた「1 本のお線香に火をつけて、香炉の真ん中に立てる」こととあまりの違いに驚きました!

宗派によってお線香のあげ方に違いがある!実際に目の当たりにして、結構衝撃だったのですが、逆にとっても興味が湧いてきて、ネットを調べてみました。浄土宗の正しいお線香のあげ方は!?

浄土宗は・・・どうやら、一つの決まりがあるわけではないらしいのですが、それにしても色々な解説があります。以下にちょっと引用しておきます(全て、浄土宗に関する記述です!)

引用元線香のあげ方
宗派によって線香のあげ方の違いがある!?|仏壇に線香をあげる手順とポイント1 〜 3 本を折らずに線香立ての真ん中に立てる。
浄土宗の焼香の回数・線香の本数は? | 大人のためのbetterlife マガジン『enpark』1 本を立てる(1 本を 2 本に折って寝かせる場合も)。
線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。|終活ねっと1 本の線香を 2 本に折るか、2 本の線香を使います。その 2 本を同時に点火して、まとめて香炉の真ん中に立てる。
お線香の上げ方マナー。宗旨宗派の違いに対応、5つの基本立てるお線香の数は 1 本。
仏壇・お墓での線香のあげ方、正しい手順とNGマナーを解説 | サンキュ!お線香 1 本に火をつけ、香炉の真ん中に立てます。

いや〜本当に色々と書かれていますよね!どうやら浄土宗は「お線香のあげ方というよりも、気持ちを込めてお線香をあげることが重要」という考え方のようです。

ただ、4 本以上のお線香をあげることは記述がありませんから、「1 〜 3 本を立てる」と「1 本を折って 2 本にして立てる(寝かせても良し)」ということであれば、浄土宗の作法には沿っているように考えてよさそうです。