パルシステムの生姜焼きは材料の取り違いで大失敗

料理に関すること

パルシステムの宅配は、妻亡き後のサバイバルツールになっています。カタログを見ながら食材や食品を注文する・・・週末は、カタログとのにらめっこも、最近では慣れてきました。

月曜日・・・パルシステムの宅配日。月曜日は通常は仕事で不在なのですが、今日(2019 年 11 月 4 日)は、振替休日ということで、宅配物を受領することができました。早速、夕食の選定をして・・・

夕方 18 時過ぎから夕食の準備を開始。目論見は、パルシステムの料理セット「産直豚肉生姜焼き」と決めていました。パックになっているのですが、既に野菜は直ぐに料理できるように切ってあるし、調理手順は、パックの中に入っているし。もう気楽なもんです。失敗するはずがないと・・・

ところがです!出来上がった生姜焼きを見ると・・・圧倒的に余っている肉の量。見えなくなるほど溶けてしまった玉ねぎ!何が起きた!?見事に失敗の部類です。

失敗原因は・・・料理セット「産直豚肉生姜焼き」は、野菜のパッケージと豚肉のパッケージ(名称が「産直豚肉カタ・モモ切り落とし 180g」となっている)が別々になっているんです!これに気が付けば良かったのですが、全く気が付かず、他の「産直豚肉カタ・モモ切り落とし 330g」というパッケージを使ってしまった!

全く同じ商品名で、内容量だけが違う別パッケージ!「産直豚肉カタ・モモ切り落とし 330g」は、単純にお得用ということで、別料理に使えそうだな〜と考えての購入でした・・・

野菜の量は通常の 180g の肉用の量に対して、330g を利用しているのですから、単純に肉の量が多いだけではなく、レシピにある「肉に火が通ったら・・・」という部分に時間が掛かる!何度も確認しましたが、結局は玉ねぎは溶けてしまっているし、野菜は肉に比べて極端に少ない!

パルシステムの「お届け情報」に「生姜焼きには 180g を」という表記があるのに、全く気に止めず、調理を進めてしまった・・・せめて、パッケージの表記を変えてくれていたら、とも考えたのですが。

それにしても・・・常に料理をしている方は、途中で気が付くのかも知れませんが、料理を始めたばっかりの私には、肉の分量が分からず・・・ただただ料理に爆進してしまった・・・

料理後は、写真のような結果。180g に対して 330g の豚肉。野菜は 1 セット分のみですから、当然、一皿分の肉が多くなるわけです。