味付けの勉強が必要と考えて「調味料の本」を購入した!

料理に関すること

たれ・ソースの基本とアレンジ571
たれ・ソースの基本とアレンジ571

自炊を初めて、野菜炒め、生姜焼き、味噌汁、ホイール焼き、そしてカレーと結構、場数を踏んできました(あくまでも自己満足!)。ただ、毎回同じような味付けで、ひょっとして色々と味付けを変えると、もう少々幅が広がるんじゃないかな、と考えています。

そこで・・・「たれ・ソースの基本とアレンジ571 定番おかずからお店の味まで」(学研パブリッシング:2014年11月4日)って書籍を購入。調味料の組み合わせで、色々なバリエーションができることは解ってきたのですが(常識かな・・・)、何と何で味付ければ良いのかが今ひとつ分からない!

醤油と砂糖とみりんと・・・色々な調味料の混合方法で、同じ料理でも全く違った様相を出してくれる、ということは解っているのですが、毎回、ネット検索するのも大変だし・・・

そんな悩みに見事に答えてくれそうで・・・

家族が大好きな定番味、マンネリ打破の目からウロコ味、作ってみたかったけど作れなかった料理の味つけがわかる。和食、洋食、中華、エスニック、スイーツまで、料理の幅が無限に広がる味つけのたれ・ソース525レシピ。まさに一家に一冊のバイブル登場。

引用元:「楽天ブックス: たれ・ソースの基本とアレンジ571 – 定番おかずからお店の味まで – 9784058003947 : 本」より

何と言っても、同じ料理に対して複数の味付けが掲載されているわけです。生姜焼きや野菜炒め、ホイール焼きも複数のバリエーションが掲載されています。