鶏ときのこの炊き込みご飯は水加減が大失敗!水、醤油、酒、みりんで適量にしなければいけない!

2019年12月13日料理に関すること

炊き込みご飯はハードルが高かった・・・というのが最初の感想です!白い米が炊けるようになったばかりだと言うのに、炊き込みご飯にチャレンジは無謀でした・・・

チャレンジしたのは、「鶏ときのこの炊き込みご飯」だったのですが、レシピはそれほど難しいものではなく、鶏を一口サイズに切って、しめじとか他の好きなきのこを切って、ニンジンを 1cm 四方に切って通常の炊飯器で・・・って、これだけだったのですが。

調味料としては、醤油と酒とみりん。そして塩を少々。単純に白いご飯に混ぜて炊くだけだったのですが。

水の量を間違った!醤油、酒、みりん、水で水量を決めるそうですが、水を適量にしてから醤油、酒、みりんを入れたので、当然ですが水量として多めになってしまった!

具体的に説明すると、2 合のお米に醤油(大さじ:2)、酒(小さじ:4)、みりん(小さじ:4)、塩少々を混ぜて、その後に水を入れて、炊飯器の水量 2 合まで水を入れる!これが正しいのですが、今回は、2 合の水を適量入れてから調味料を入れてしまったから、当然ですが水量としては多過ぎ。

結果は・・・味は悪くないのですが、お米がゆるい!おかゆと言うほどではありませんし、おじやと言うほどでもないのですが、お米がゆるいわけです。つまり・・・びちゃびちゃ!

上記のレシピは、きじまりゅうた著「ゼロからはじめる自炊の教科書」(大泉書店:2010年2月)の p.78 に掲載されているのですが・・・手順としては以下の通りでした!

  1. 米を炊飯器の中に入れて、醤油、酒、みりんを入れる!
  2. その後、目盛りまで水を入れる!
  3. 鶏、きのこ、ニンジンを上に置く。
  4. 通常のように、ご飯を焚く。

やっぱり!完全に水量が多過ぎた・・・反省です!