調理の写真は「フラッシュを点灯させない」ことで明るくなる!

カメラに関すること

ここ数週間、生きるための料理から、趣味の料理に変化しつつあって、ちょっと自分が怖い状態です。料理した結果を記録したくて、色々と試行錯誤して写真を撮っていますが、どうも全体が暗くなってしまう!

原因が分からず、色々と角度を変えて撮影したり、光の角度を変えてみたり・・・ただ、どうしても位置が暗くなる・・・

今日も「カツ丼」にチャレンジして、そこそこの出来上がりだったのですが、やっぱり写真が暗い!すると、長女が「フラッシュを点灯させると、写真が暗くなるよ。フラッシュを切って撮るんだよ!」との指摘。結果は・・・

結果は明らかですね!「フラッシュ無し」での撮影の方が明らかに全体が明るく写っています。フラッシュって、全体を明るくするために利用するものかと信じていましたが、どうやら全く認識が違っているようです。

上記は、無知な私が、全く経験のない料理の写真を一生懸命記録に残そうとした結果なのですが、もっとスマートフォンで「美味しそうな料理」にしたい時には、「美味しさが伝わる料理写真をスマホで撮影する3つのコツ♪ | フードコーディネート事業部ブログ」が参考になると思います。

とにかく、素晴らしいサイトですが、「光」にとっても拘っていることが解りますよね!