和食の定義を知る

料理に関すること

最近の自炊は、ちょっとだけレパートリーが広がっていて、失敗も多いけど、何とか食べれるな〜というレベルになってきました、と信じているのですが「パパって、和食しか作らないよね〜」と娘達に指摘されて、「んっ!?和食ってなんだ?」って考えたわけです。

揚げ物ばっかりとか、よく連続で同じようなものを作っているよね〜とも指摘されているのですが、それは自覚しています。ただ、「和食を作っている」という自覚がない!娘達に「和食ってどういうこと?」と質問しても、明確な回答が有りません。

ネット検索!

どうやら「和食の定義」は、千差万別のようですが、以下の定義が明確かな・・・

和食の定義は十人十色かもしれませんが、海外から「和食」が注目されつつある現代に納得できる和食の定義をまとめれば、「ご飯と汁を中心にだしや発酵調味料を用いた料理」というのでしょうか。

引用元:「これで納得「和食」の定義。独自の視点でシンプルに」より

最近、必ず「味噌汁」を作っているし、ご飯は必須。だしは「?(クエッション)」だけど。

発酵調味料って・・・「しょうゆ」、「みそ」、「みりん」!なるほど、そう言われてみれば、発酵調味料を確かに多用している!

なるほど、だしや発酵調味料ってのは、日本独特の調理なんですね!やっぱり娘達が指摘するように、自炊で作っているのは「和食」かな、と初めて自覚した一瞬でした!